男性

うつ病の原因を突き止めて完治を目指す【指示を受けてから服用】

ストレスで気分が落ちたら

男性

うつ病の原因になり得る要素はたくさんあり、その出来事をどう捉えるかで発症率が変わります。処方される抗うつ剤は、化学変化によって質が落ちることを防ぐため、水で飲むようにしましょう。病院はサポートとし、自分が主だって動くことが大事です。

もっと詳しく

ストレスからの病気

カウンセリング

うつ病はセロトニン不足といわれている病気で、ストレスなど精神的な負担が原因で発症されるといわれています。そのセロトニンを補うために抗うつ剤が処方され治療を行っていきます。放置すれば悪化することもあるため早期の治療が大事です。

もっと詳しく

時間をかけて治す

看護師

うつ病は誰でも生じる可能性のある病気です。ストレスや人間関係のもつれなどが原因で発症する事も多く、状態によっては仕事を休職したりして治療に専念する事が回復の近道になる場合もあります。基本的には薬物による治療がメインです。

もっと詳しく

心の病を理解する

聴診器

うつ病は認知度が高い病ですが、実はよく理解はされていません。その為見過ごすケースが多く、重症化してから受診する方が多いです。きざしがある場合は早めの通院が鍵です。発症して治療する場合は原因によって心理療法や服薬療法が行われます。

もっと詳しく

病気と付き合おう

医者

クリニックの選び方

うつ病は原因が様々で一つの原因では片付ける事が出来ないくらい複雑です。そんなうつ病を治療するのは精神科・心療内科になりますが、選び方を間違えると大変なことになります。まず精神保健福祉指定医がいるかどうか確認する必要があります。精神保健福祉指定医は措置入院などの強制入院をしないと名乗ることはできません。そのため精神保健福祉指定医を所持している医師がいるという事はかなり経験豊富である医師が常駐していることになります。そのためきちんとした精神科や心療内科を選ぶのであれば、精神保健福祉指定医がいる精神科や心療内科を選択する必要があります。次に外来に精神保健福祉士がいるかどうかを調べておくのも大切なポイントです。精神保健福祉士とは福祉のプロで、経済的な相談から日常生活の困りごとまで相談に乗ってもらう事が可能です。精神保健福祉士がいるとこのように様々な相談を無料で行う事が出来ます。精神保健福祉指定医にも相談は可能ですが、あくまで医師なので日常生活の適切なアドバイスは難しいですし、診察代金が必要になりますが、精神保健福祉士の相談だと診察代金は必要ないので、医師に相談するよりはリーズナブルな価格で済む場合がほとんどです。精神科医はうつ病の原因を治すため薬剤を使用します。この薬剤は、内科や外科などで処方される風邪薬や抗生物質などとは根本的に違っています。風邪薬や抗生物質だと風邪症状などが無くなれば服用する必要はありません。しかし抗うつ剤は一生服用していかなければいけないものなのです。その点がまず根本的に違います。次に、かなり鎮静作用が強い薬剤です。こちらで利用される薬剤は、緩やかに気持ちを上昇させる作用がありますが、急に気持ちが高ぶった際にも利用されるパターンもあります。そのような薬剤であるので、初めて服用する人が精神科医の処方に従わず大量に服薬してしまうと、意識を失ってしまう原因となりえます。そのような訳からきちんと精神科医の指示に従う必要がありますが、その中でも初めて服用する人は特に精神科医の指示を受けてから服用する必要があります。抗うつ剤の中にはかなりの依存性が確認されている薬剤もあります。そのため、このような薬剤を服用する際にもきちんと精神科医の指示が必要なのはもちろん、薬剤を辞める際にもきちんと精神科医かもしくは薬剤師の指示が必要になります。そうすることで、誰でも安全に抗うつ剤を服用する事ができ、安心してうつ病の治療に臨めるようになります。