医者

うつ病の原因を突き止めて完治を目指す【指示を受けてから服用】

心の病を理解する

聴診器

受診の目安や治療方法

うつ病は世間での認知度も高く、どういった症状なのかも知られています。しかしよくは知られていなく、気分の落ち込み以外にも多くの症状が現れます。他の病と同じで放置しておくと症状は進行して重症化していきます。その為早期の受診が治療の鍵になるのですが、多くの方は重症化してから受診しています。うつ病は気分の落ち込みだけでなく、物事を正しく判断できないといった判断力の低下も症状としてあります。焦燥感や不安感、そして生きていく希望を持てなくなり追い詰められていく希死念慮という状態にまで進行していきます。大きく分けてきざし・初期または中期・重症期に分けられているので、該当する症状がある場合は以下を目安にして通院を検討すると良いでしょう。きざしの時期には疲れがとれず、集中力が持続できない事が多いです。男性に多いのですが性欲もなくなってきたと感じるのもこの時期です。きざしの時期ではうつ病が原因ではない事も多いのですが、一定期間経っても改善しない場合は疑われます。初期・中期では頭重感や動悸、不安感も強くなり寝られなかったりします。疲労感も増しているので逆に眠りすぎるといった症状もでてきます。重症期では動きがゆっくりになったり将来に希望を持てなくなったりし、楽になりたくて自殺を考えてしまいます。うつ病が原因でなくても、該当するものがあるならば一度受診する事が必要です。軽度のうつ病では大半は休養をとる事で改善していきます。軽度でない場合は休養をいくらとっても改善はせず、医療による治療が行われます。よくとられる方法は抗うつ剤の服薬療法または心理療法です。状態によりその両方からアプローチもしていきますが、まずはカウンセリングで原因を見出す事から始まります。心理療法では医師や臨床心理士との対話から、原因となった思考や行動を探っていき修正していきます。現在では最も有効とされる認知行動療法が行われており、否定ではなく自身が肯定できる行動等がないかを検証していきます。視野が狭くなっていく傾向にあるうつ病に対し、以前の様に広い認知を見出すようにして改善を図っていきます。服薬療法では抗うつ剤が最もよく使われています。脳内の感情に関与する物質であるセロトニン・ノルアドレナリン等の不足がうつ病の原因と考えられています。その不足している神経伝達物質を正常な量へと調整するのが抗うつ剤です。開発された時期や作用の違いにより三環系抗うつ薬やSSRI、NaSSAといった様に分類されています。現在の主流は副作用が少ないSSRIやSNRIやNaSSAが使用されています。三環系抗うつ薬は比較的古い薬になりますが、状態により最も適している場合もある為、状態に合わせて医師が判断して処方します。