医者

うつ病の原因を突き止めて完治を目指す【指示を受けてから服用】

ストレスからの病気

カウンセリング

治すことができる病気です

うつ病を発症しすると、心療内科で診てもらい、抗うつ剤を処方されるようになります。抗うつ剤はセロトニンを脳内に分泌させる作用があり、脳の活性化に効果を引き出します。セロトニンとは脳内神経伝達物質の1つであり、不足すればストレスを溜め込みやすくなり、マイナスな思考に陥りやすく、その思考から身体にも影響を引き起こしてしまいます。うつ病は、まだはっきりとした原因はわかっていないと伝えられていますが、セロトニン不足が原因となっているのではないかとも言われています。セロトニンを脳内に分泌させることで脳の活性化につながり、うつ病によってあらわれる症状を徐々に抑えていくことができるようになります。うつ病を発症すると自尊心が低下し、常に「自分はいらない存在だ」と考えるようになり、症状が悪化すれば最悪の結果を招いてしまうこともあります。自尊心が低下するなかでもストレスがのしかかり、精神的に大きな負担となります。精神的な負担をかけてしまえば心身症を引き起こすこともあります。頭痛やめまいや不眠、そして生活習慣が不規則と成ることもあり、夜眠れずに朝眠ってしまうという、朝と夜が逆転してしまう生活となることもあるため、気をつけなければなりません。うつ病はストレスをたくさん溜め込んでしまい、発散できずにさらに溜め込んでしまうため、それが原因で発症するのではないかとも考えられています。そのストレスの原因は人それぞれ様々で、仕事や受験のプレッシャーから発症するものもあれば、人間関係が原因となって発症することもあります。また、住み慣れた場所から引っ越して新しいところに住むことの環境の変化から発症するケースもあります。しかしうつ病は本人や周囲もなかなか気づきにくい病気で、マイナスな感情があらわれても周囲は「そのうち収まるだろう」と考えてしまい、放置することもあります。うつ病は落ち込みが激しくなりため息の回数も増え、何かに追い込まれているような気持ちになり、眠れなくなることもあります。その状態が2週間以上続けば症状を疑っても良いといわれています。1ヶ月経っても症状が治まらずもそのまま放置してしまえば症状が悪化することもあります。悪化してしまえば治療が長期間かかるようになることもあるため、早期の治療を行うことが適切といわれています。「うつ病は治らないのではないか」という不安を口にする人も多くいますが、しっかりと治療を行うようにすれば治すことができる病気なのです。